2010年01月21日

直木賞は佐々木譲、白石一文の2氏=芥川賞は該当作なし(時事通信)

 第142回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が14日夕、東京・築地の新喜楽で開かれ、直木賞は佐々木譲さん(59)の「廃墟に乞う」(文芸春秋)と、白石一文さん(51)の「ほかならぬ人へ」(祥伝社)の2作に決まった。白石さんの父、故・白石一郎さんは1987年に「海狼伝」で直木賞を受けており、初の親子受賞となった。芥川賞は該当作なしと決まった。同賞で該当作がなかったのは、1999年上期の第121回以来、21期ぶり。
 授賞式は2月19日、東京・丸の内の東京会館で行われ、正賞の時計と副賞100万円が贈られる。 

【関連ニュース】
織田作之助賞に中丸美繪氏ら
芥川賞、直木賞候補決まる=「大森兄弟」らが初
朝日賞に野田秀樹氏ら
報道写真で09年振り返る=1月9日から

石川容疑者、5000万円口座へ 水谷建設から「裏献金」の3日後(産経新聞)
<陸山会土地取引>「1億円は小沢氏側要請」水谷建設元幹部(毎日新聞)
日本政府の医療チーム、ハイチの被災地到着(読売新聞)
適正な塩分摂取量の認知度は約1割(医療介護CBニュース)
安保改定50年で鳩山首相談話「同盟深化、年内に成果」(要旨)(産経新聞)
posted by ツツイ コウジ at 04:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。