2010年01月15日

<携帯電話>障害児の学習サポート 東大などマニュアル作成(毎日新聞)

 東京大とソフトバンクモバイル(東京都港区)は、障害を持つ児童・生徒の学習を支援する携帯電話の活用マニュアルを作成した。携帯電話の録音機能や辞書機能などを活用し、学習や学校生活の手助けとなる99の事例を学校現場から聞き取りするなどして集めた。セミナーなどを開き、保護者や教員らに普及させていくという。

 マニュアルでは、自閉症▽注意欠陥多動性障害▽学習障害▽肢体不自由▽視覚障害−−など9種類の障害別に、カメラ▽音声録音▽辞書▽タイマー▽音声読み上げ−−など17機能の活用方法を例示した。

 具体的な事例も多数盛り込んだ。「知的障害のあるR君は言葉で表現することが苦手。周囲の人にトイレに行きたいと伝えるときには、携帯電話に入れたトイレの写真を見せる」「読み書き障害のYさんは、先生が伝える持ち物や時間割を連絡帳に書いて家で確認することが困難。先生の言葉を録音し、家で聞いて用意するのが日課になった」など。このほか、肢体不自由の子供が辞書機能を使えば、片手で辞書を引くことができることも示されている。

 同大先端科学技術研究センターの中邑賢龍(なかむらけんりゅう)教授は「携帯電話は子供に有害情報をもたらすなど負の面が強調されがちだが、障害を持つ子供にとっては一台でたくさんの機能を有する便利な道具であることを知ってほしい」と話す。マニュアルはインターネット(http://www.at2ed.jp/sbm/magic_pocket091126.pdf)からも入手できる。【下桐実雅子】

【関連ニュース】
iPhoneを聴覚障害者向け要約筆記に活用--ソフトバンクモバイルらが実験
携帯電話:価格帯、機能がより多彩に ドコモとSB新商品
携帯電話:純増数首位はソフトバンクに…09年
携帯電話で聞く「モバイルお経」
事業仕分け:携帯電話ゲームに 仕分け人「レン」が役人をバッサリ ジー・モード

上野の路上でタンク落下 液体浴び3人病院搬送 過酸化水素水か(産経新聞)
ひき逃げ事件で米批判=前原氏(時事通信)
捜査書類など隠した疑い…巡査長を書類送検(読売新聞)
<2億円強奪ほう助>元日通社員に懲役3年求刑 津地裁公判(毎日新聞)
<岩津天満宮>受験シーズンを迎え、にぎわう 愛知・岡崎(毎日新聞)
posted by ツツイ コウジ at 23:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。